項目⑪ 結び 右揃え

結び 右揃えを挿入して情報の最終行を明示する

36行目

最終行です。

1.a「MS P明朝 12pt「メニューバー」をクリックし、「配置」→「右」をクリックします。

リブレオフィス・ライター 案内文 右揃え

sp12_12

または、

1.b 「ツールバー」の「右揃え」アイコンをクリックします。

リブレオフィス・ライター 案内文 右揃え

リブレオフィス・ライター 案内文 右揃えアイコン

「右揃え」アイコン

sp12_12

リブレオフィス・ライター 案内文 タブセット 結び

sp12_12
2.近年では余り書かないようで任意としますが、『この行以下は空白で情報はありません』の意味で「以上」と入力します。

リブレオフィス・ライター 案内文 結び

リブレオフィス・ライター 案内文

改行キーを押して全入力終了です。

sp12_12

4.忘れずに文書の「保存」をしましょう。

sp12_12

[note]

お気づきの方もいらっしゃると思いますが「右揃え」「中央揃え」「左揃え」は入力前に設定しても入力後に設定しても効果は同じです。また、設定した行全部に同様の影響があります。

ですから同じ行の文の場合、ここまでは「左揃え」、ここからは「右揃え」というような事はできません。

[/note]

sp14_14

sp12_12

 


prev48_100

next48_100


to_sec48_128to_home48_128